有田歯科医院
  • 歯周治療はこちら
  • 予防歯科はこちら
  • 審美歯科はこちら
  • 知覚過敏かもと思ったら
  • 歯ぎしり食いしばりにご注意!
  • お子様の虫歯予防
  • 口臭チェックと予防策
  • インドアビュー
自分で気づける?!口臭チェックと予防策あれこれ

人と接するときに、ふと気になるのが口臭。急に「もしかして臭っている?」「相手が気にしていないかな?」と不安に駆られるという経験を持つ人も、多いかもしれません。自分の印象をできるだけよくするためにも、エチケットのひとつとして口臭は気にしておきたいもの。口臭で迷惑をかけないよう、簡単な対策で予防しませんか?口臭の原因やチェック方法、簡単な対策をご紹介しましょう。 口臭の原因とは

口臭の原因は、ひとつとは限りません。
飲食物やたばこによる口臭は一時的であり、臭いは薄らいでいくため治療は不要です。ストレスがかかっているときや就寝時に、口の中の唾液量が減ると、増殖した細菌が揮発性硫黄化合物をつくるため、口臭が強まります。 しかし、これは歯磨きや水分摂取で口臭を弱めることができるので、治療は必要ありません。

口臭の主な原因は、90%以上が口腔内環境です。例えば、歯周病、虫歯、歯垢、歯石、舌苔、入れ歯の清掃不良など。歯周病が進行すると、歯ぐきから出血した際に膿が混じって臭います。虫歯で神経まで腐ると、強い臭いを発するでしょう。入れ歯に臭いがつくと取れなくなるため、こまめな洗浄を心掛ける必要があります。ほかにも、蓄膿症などの炎症で口臭がおこることがあるため、全身の症状を自身で把握していることが、口臭予防のためには大切です。 セルフチェック方法

自分の口臭を確かめる方法は、いくつかあります。簡単に試せる方法を、ご紹介しましょう。

・息を封じ込める方法
袋に息を吹き、外へ逃げないようにしっかり封じ込めます。一旦顔を離して、新鮮な空気を吸ってから、封じ込めた臭いをチェック。試す時間や条件により、臭いは変化します。いくつかの状況で、トライしてみましょう。

・うがいでのチェック方法
過酸化水素水、つまりオキシドールは、酵素に反応すると気泡を発生させます。そのオキシドールを倍の量の水で薄めた液体を作り、うがいしましょう。吐き出たオキシドールに小さな泡が見られたら、口臭が発生している可能性が高いです。

・歯垢をチェックする方法
歯垢は、口臭の原因になる成分を含んでいます。糸ようじや歯間ブラシで、歯垢を取って臭いを嗅いでみましょう。口臭の程度がある程度わかります。

カンタン!口臭対策
口臭を抑える方法を日頃から意識して継続していれば、口臭に悩まされることも少なくなります。 ・水で口臭対策
唾液量が減ると口臭のもとになる原因菌が増殖するため、それを防ぐには唾液を絶やさない工夫が必要です。水分を補給すれば唾液が作られやすくなるため、1日1.5リットルくらいの水を心掛けて飲むようにしましょう。水分ならなんでもいいというわけではなく、水や無砂糖無炭酸のスポーツドリンクがおすすめです。

・歯みがき
歯科治療中の人もそうでない人も、歯みがきをすれば口腔内の菌が減少し、歯ぐきの炎症を抑えることができます。舌クリーナーを合わせて利用し、舌苔を落とすとよりすっきりするでしょう。

気になる方は当院まで
口臭が気になる方は、歯科で受診すると原因が分かる場合があります。当院では、院長が口腔内の状態を適切に把握し、対処法をお伝えしております。専門機器を使用した検査や、医師からのアドバイスを受けることができるため、原因をつきとめることができる可能性は大きいです。過剰に気になってしまう心理的な口臭の場合は、カウンセリングなどを受けていただくこともおすすめします。

口臭の原因は、人それぞれ異なっています。状況を把握し、できるだけ早めに適切な対処がなされれば、改善することは可能です。あなたのイメージを、口臭が左右する可能性もあります。口臭を予防するには、クリーンな口腔内環境を保ち、食事や生活リズムに気を付けて、健康に過ごせるようにすることが大切です。日々の生活の中で意識してみると、口臭への悩みをもつことなく過ごせるかもしれません。

口臭について気になる方は、当院までご相談ください。
大阪市生野区にある優しい歯医者さん
有田歯科医院 院長 有田充男