有田歯科医院
  • 歯周治療はこちら
  • 予防歯科はこちら
  • 審美歯科はこちら
  • 知覚過敏かもと思ったら
  • 歯ぎしり食いしばりにご注意!
  • お子様の虫歯予防
  • 口臭チェックと予防策
  • インドアビュー
あなたは大丈夫?実は危ない!無意識の歯ぎしり・食いしばり

「虫歯はないのに、歯が痛い」「最近あちこちの歯がしみる」そんな症状がみられるときは、歯ぎしり・食いしばりが原因になっていることがあります。 歯ぎしりを指摘されたことがなくても実は無意識に食いしばりをしている、という人は意外にも多くみられています。今この文章を読んでいるあなた、上下の歯が接触していませんか?もしそうなら、あなたには歯ぎしり・食いしばりの傾向がありそうです。
今回は歯ぎしり・食いしばりについてのお話をしていきます。 歯ぎしり・食いしばりとは

歯ぎしりや食いしばりはブラキシズム(口腔内悪習慣)と言われています。
このブラキシズムは、大きく分けると3つに分かれます。

(1)グラインディング
一般的な歯ぎしりがこちらです。上下の歯を強くこすり合わせるもので、ギリギリと音がします。

(2)クレンチング
こちらが食いしばりと言われるものです。上下の歯を強く噛みしめるもので、これも歯ぎしりの1種です。音はほとんどしないので、気付きにくい歯ぎしりといえます。

(3)タッピング
上下の歯をカチカチとぶつけあうものです。こちらはあまりみられないタイプです
このように大別すると3つに分けられますが、人によっては1つだけではなく、2つを同時に発症しているケースもあります。
歯ぎしり・食いしばりが体に及ぼす影響

では、歯ぎしりや食いしばりをすると体にどんな影響があるのでしょうか?
歯ぎしりや食いしばりをすると、普段私たちが食べ物をかむときの何倍もの力が加わります。それにより歯には大きな負担がかかり、歯や口の中だけではなく、全身にも影響が出てくるのです。 ◆口腔に関する影響
歯が欠けたり割れたりする
歯がすり減る
知覚過敏が起こる
歯周病の進行を早める
歯肉退縮が起こる
顎関節症になる
差し歯やインプラントが折れてしまう ◆全身に関する影響
頭痛や肩こり、耳鳴りが起こる
睡眠障害
自律神経失調症を起こす
睡眠時無呼吸症候群に影響する

このように、歯ぎしりや食いしばりが及ぼす影響は意外にも多く、様々な症状を引き起こしています。


ストレス?考えられる原因
歯ぎしりや食いしばりの原因は、まだ解明されていない点が多くありますが、次のようなことが原因といわれています。

◆ストレス
最も有力なのはストレスという説です。歯ぎしりや食いしばりは、生体が脳のストレスを緩和するために行っていると考えられています。
そのため必ずしも悪いものだとは言えませんが、歯にダメージを与えるほどの過度なものだと問題です。

◆咬み合わせや修復物の不良
異常な咬み合わせや、不適合な被せものなどが原因になることもあります。咬み合わせの変化により、起こりやすくなると考えられています。

◆環境や習慣によるもの
スポーツ選手や、力が必要な職業などの職種や、過剰な飲酒や喫煙なども歯ぎしり・食いしばりの原因になります。

歯ぎしり・食いしばりを予防するには
歯ぎしり・食いしばりは無意識のうちに起こることなので、完全に抑えることは困難です。
しかし、改善する方法はあります。

一つは、マウスピースを作成することです。マウスピースを装着することで、歯が削られてしまうのを防いだり、顎や歯への負担を軽減させたりすることができます。その他に咬み合わせの調整や、歯並びの矯正などの治療が受けられます。また、生活習慣の改善により、症状を緩和させることもできます。

日頃から、食いしばりしていることに気付いたら意識的に歯と歯を離す、お口の周りのストレッチをする、姿勢をよくするなどを意識しましょう。また、枕の高さを調整することも効果があります。そして、できるだけストレスをためないことも大切です。


健康的にお口の状態を整えましょう

歯ぎしり・食いしばりは誰もがしている癖のようなものですが、無意識のうちに行っているため、自覚している人は少ないです。しかし、知らず知らずのうちに歯にダメージを与えて、様々な症状を引き起こしている恐れもあります。


「もしかして?」と心当たりのあるはまずは自身の生活習慣を改善し、リラックスを心がけましょう。そして、症状が悪化してしまう前に当院にご相談ください。当院では長年の診療実績のある院長が丁寧に診断させていただきます。お口の中をしっかりとチェックし、良い状態になるようにアドバイスさせていただきます。

大阪市生野区にある優しい歯医者さん
有田歯科医院 院長 有田充男