有田歯科医院
  • 歯周治療はこちら
  • 予防歯科はこちら
  • 審美歯科はこちら
  • 知覚過敏かもと思ったら
  • 歯ぎしり食いしばりにご注意!
  • お子様の虫歯予防
  • 口臭チェックと予防策
  • インドアビュー
乳幼児から初めてほしい!虫歯予防の大切さ

子どもの歯が生え始めると、虫歯予防を意識する保護者の方も多いでしょう。虫歯や歯の治療で苦労した方なら尚更、我が子には健康な歯でいて欲しいと願うはず。では、子どもの虫歯はどのように予防したらいいのでしょうか。まずは、ママやパパが虫歯や予防について正しい知識を身に付けることが大切です。そこでここでは、そもそも虫歯は何が原因なのか、どれくらいから予防を意識すべきなのかについて、お伝えしたいと思います。

虫歯予防を意識すべき時期は?

乳歯は、だいたい生後6か月頃から生え始めるのが一般的です。しかし、早ければ生後3ヶ月で歯が生える子や9ヶ月でようやく生える子など、個人差が見られます。そのため、子どもの虫歯予防は月齢で意識するのではなく、初めての歯が生えたらケアしてあげるようにしましょう。たとえ、歯の生え始めが離乳食をスタートしていない時期であっても、ミルクや母乳が虫歯の原因になる可能性も十分にあります。乳歯はやわらかく歯質が弱いので、一度虫歯になると進行が早いので、歯が生え始めたら家族で子どもの虫歯予防を意識するようにしましょう。



子どもの虫歯の原因

子どもの虫歯には、いくつか原因があります。まず、虫歯をつくる要素として大きく関わっているのが、「細菌」、「糖」、「歯の質」、そして「時間」です。これらの要素が揃うことで虫歯になると言われています。

・周りからの細菌感染
虫歯細菌を持つ大人からの唾液感染などにより、子どもの口内に細菌がうつることが虫歯の原因になります。なかでも「ミュータンス菌」と呼ばれる細菌は病原性が強く、一度子どもの口内に入ると定着しやすい菌。そのため、親子間だけでなく祖父母など、周りにいる大人から子どもへの口移しや食器の共有は避けましょう。

・糖
口内で虫歯菌のエサとなるのが、食事に含まれている糖分。ご飯やパンなどの炭水化物をはじめおやつにも含まれています。虫歯菌は口内に残った糖をエサにして作り出した歯垢の中で繁殖し、さらに糖を分解し排出物として酸を発生させます。この酸が歯の表面を溶かすことで虫歯になります。

・歯の質
いくら予防ケアをしていても、歯の質が悪いために虫歯になることがあります。歯が形成される段階で石灰化が十分に行われないことにより、歯表面を覆うエナメル質が不十分なまま弱い歯、つまり虫歯になりやすい歯がつくられてしまうのです。また、乳歯もエナメル質の構造が弱いため、乳歯の間は虫歯になりやすい状態だと考えておいた方がいいでしょう。

・時間
食後10分内に、口中では虫歯細菌が糖分をエサにして酸を出します。甘いものを食べても「食後すぐに歯磨きをする」、「食べたあと水分を摂る」習慣があれば、口内に残った糖や細菌が出した酸を洗い流すことができるので、虫歯の発生源を無くすことができるのです。反対に、甘いものを食べる回数が少なくても「食後すぐに歯磨きをしない」「寝る前に食べて寝てしまう」といった習慣が、確実な虫歯の原因となっていきます。

予防ケアについて
子どもの虫歯予防としてやっておきたいケアをお伝えしたいと思います。

・食後の歯磨き
虫歯になりやすい乳歯は、毎日のブラッシングによるケアが必須。離乳食前なら、授乳のあとにガーゼで歯の表面をやさしく拭き取る程度で結構です。離乳食が始まったら、歯ブラシが口に入る感覚に慣れさせることからスタートし、成長に合わせて子ども自身で磨く習慣をつけていきましょう。とくに、唾液の分泌が減少する夜間は虫歯になりやすいため、寝る前の歯磨きは念入りに行ってあげてください。

永久歯に生え変わったあとは、子どもが自分で正しく歯磨きができるよう、保護者の方が子どもの磨き方をチェックしながら教えてあげましょう。ある程度自分で磨けるようになっても、大人による仕上げ磨きが大切です。

・食事時間を意識する
食事後もおやつや甘い飲み物をダラダラと摂ることは、常に虫歯になりやすい状態であるということ。おやつは毎日決まった時間に食べるように、保護者の方が意識してあげましょう。

定期的な検診がオススメ
乳歯の生え始めから20本すべて揃うまでに、歯の健康診断として、子どもと一緒に歯医者さんを受診しましょう。子どもの歯の状態を診てもらいながら、正しい歯磨きの指導やフッ素塗布についてのアドバイスが受けられます。だいたい3~6ヶ月に一度の定期検診を受け、口内や歯の状態を確認してもらうと同時に、フッ素塗布を受けるのがおすすめです。 虫歯予防は、乳歯の生え始めから家族みんなで意識的に行いましょう。ママだけでなく子どもの周りにいる大人みんなが正しい知識を身に付けることが大切です。
また、保護者自身の口内ケアを行なうことが、子どものデンタルケアにもつながります。毎日の歯磨き習慣と歯医者さんの専門的なケアの両方で、子どもを虫歯から守りましょう。