『セラミック冠による歯の修復治療について。』

生野区の歯医者、有田歯科医院 院長の有田です。
今回は、私共の医院でセラミック冠による歯冠修復(かぶせ物やブリッジ冠)をお勧めしている理由について述べさせていただきます。

ご存じかと思いますが、セラミック冠による歯冠修復治療では、健康保険は適用されません。ですので、治療費用は、全額、患者様にご負担いただなければなりません。また金額自体も健康保険適用範囲のかぶせ物よりもはるかに高価です。「ヒヤ~ッ❣ なんでそんな高いの❣ 」という患者様方の声が聞こえてきそうです (^_^;) 。私共も患者様方に費用を提示する際に、どのような反応を示されるだろうか、と心配になる事も無いわけではありません。でも、そのセラミックによる歯冠修復治療こそが、『あなた』のクオリティー オブ ライフを高め、健康的で前向きな生活を支えていく為に、不可欠なものだと私共は信じております。

では、セラミック冠による修復治療は、健康保険の修復治療と比べて、どの様に優れているのでしょう?それほどお金をかけるだけの価値が有るのでしょうか?セラミック冠にだって、欠点は無いのでしょうか?以下に、セラミック冠の代表的な特徴を挙げます。

※天然歯に近い透明感やツヤがあり、見た目が、より自然の歯に近い状態です。これは保険適用の白い歯では、中々できません。

※セラミック自体が、長期間の使用でも劣化しにくく、ほとんど変色しません。保険の銀歯と比較すると、精度的にも優れ、且つ、表面が滑沢で硬く傷つきにくいため、汚れが付きにくい特徴があります。その為、かぶせ物の境目からの2次的な虫歯の再発が少なく、ご自身の歯を守る事につながり、長期間使用していただけます。

※金属アレルギーのある方にも、オールセラミック冠という種類のかぶせ物(ベースに金属を一切使用しない、セラミックだけで作製された冠せ物)により、安心して歯の修復を行えます。またその方法ですと、金属の熔解によって起こる歯との境目辺りの歯茎が黒くなったりする事もありません。

※しかしながらセラミックは、強い力がかかると割れてしまう可能性は、否定できません。その為に、歯ぎしりが強い方には、就寝中に《マウスピース》をはめていただく事もあります。

もちろん、私共や実際にセラミック冠を作製してくれている歯科技工士の皆さん達は、その特徴や長所・短所について熟知しており、作製においては、熟練された技術で、研ぎ澄まされた精密さと十分な時間をかけて、一つ一つの工程を確実に踏んでいます。

ですから、作製においては、お時間を十分にいただいております。また何度も恐れ入りますが、それら全ての理由が、セラミック冠の費用として反映され、患者様にご負担願う事となります。

健康で、快適で、美しい口元が、皆様方の日々の生活をより幸福にし、クオリティー オブ ライフを高めていきます様に。

あなたのステキな笑顔をいつまでも❣