『歯とお口の治療計画書』

 こんにちは。大阪市生野区の歯医者 有田歯科医院 院長の有田です。
 
 当院では、初めてお越し戴いた患者様のお話しをよくお聴きし、痛み等が有れば、先ずはそれをを和らげるための緊急治療をして、症状が落ち着きましたら、患者様の《歯とお口の検査》をさせて戴いております。現状はどうなっているのか? 何故、この様になってきたのか? これからどうしていくべきなのか? 私共と患者様とが共に❣見つめ直していく事が重要だと考えています。これが、この《検査》の目的なのです。私共だけが承知するのではなく、患者様ご自身にご理解戴きたいのです。
 
 初めて当院にお越しになられた際、担当のスタッフとカウンセリングルームで、今困っておられる事(主訴)や悩んでおられる事、今までの歯科経験等々のお話をじっくりとうかがっています。この段階が第1ステップ。患者様は、《感情》で訴えられます。ある患者様は、もうその時点で、涙目になって訴えられます。「ああ、ここの歯医者に来て良かったわぁ。よう話を聞いてくれるわぁ。」と思って戴ければ、お互いの信頼関係も高まりますよね❣
 
 そして第2ステップ。《理性》で、歯や歯茎の現状、お口の健康について見つめ直し、考えていきましょう。その為の《歯とお口の検査》なのです。レントゲン撮影、お口の中のスライド写真の撮影、歯茎の検査、噛み合わせの検査、直接お口の中の状態を診る検査。

「ああ、そうか。私の歯ぁは、そないになってんのか。」がわかったら「そしたらセンセ、どないしたらよろしいねん?」という疑問に当然変わっていきますよね。

 当院では、モニターに患者様のお口の中のスライド写真を映し出し、それを一緒に見ながら説明をしています。その上で、治療計画書としての『お口の説明書』をお渡ししています。                                               ①ムシバの治療、歯の根の治療、抜歯、かぶせ物の作製、入れ歯の作製、等々。どの歯をどの様に治療するのか?治療期間はどのくらいかかるのか?を記入した《お口のノート》。                          ②*ムシ歯 *歯周病(歯槽膿漏) *噛み合わせ *審美性(歯並び、歯の色 等)についての項目ごとにその方の歯やお口の良い点や問題点を記した解説書

③検査の際に一緒に見つめ直した実際のお口の中のお写真やレントゲン写真に良い点や問題点を記入してプリントアウトしたものの3点です。

 いつまで治療されるのか?何をされるのか?どれだけされるのか?という感情的・受動的な歯科治療から、治療計画に沿った患者様主体の理性的・能動的な歯科治療に・・・。

 あなたの歯。あなたのお口。あなたのステキな笑顔なのですから・・・❣

 私共が、あなたの歯とお口の健康とステキな笑顔を守っていく援助者となれます様・・・。