『インプラントとブリッジ冠と入れ歯。さあ、どっち?』

残念ながら歯を失くされた患者様。1歯から数歯のみの欠損の患者様から、多数歯欠損の患者様、場合によっては全ての歯を失くされた患者様方が、当然私共の医院にもお越しになられます。歯の無い事の不自由さを訴え、歯が無くなっていく事の不安感を訴え、ひいては、歯の不都合を放置せざるを得なかったご自身の境遇や『歯』どころではなかった日々の生活を嘆かれます。そして、その失くされた歯(の機能)を回復させるための方法を私共にお尋ねになられます。

現在、その方法の代表的なものに『ブリッジ冠』、『インプラント』と『義歯(入れ歯)』という三つの方法が有る事は、皆さん方もご存じかと思います。

先ず、『あなた』が何故歯を失くされたのかを探っていかねばなりません。あなたが歯を失くされた原因は、何なのか(虫歯?、歯周病?外傷?)。お口の中の現状はどうなっているのか?他の残っている歯の健康状態(虫歯は?かぶせものや詰め物はフィットしているか?)、歯茎の健康状態(歯周病の進行状況)は?、上下・左右の噛み合わせはバランスがとれているか?  等々。

それらを基に、お口の中全体を一つの単位として捉え、咀嚼能力の回復をもたらす為の設計をし、プラン(治療計画)を練っていきます。大切なことは、そのプランは、歯の欠損部を補うためだけのものではなく、それは同時に『あなた』の歯とお口の健康を維持していく為の予防的な方策でなければなりません。

その延長上に、咀嚼能力の回復のための方法として、上記の三つの方法のいずれか、または複数の方法を採ります。三者三様で、それぞれに利点と欠点が有ります。

先ずブリッジ冠ですが、この方法は、多くの場合健康保険も適用でき、多くの患者様が実際に既に装着なさっておられます。ただ、多数歯の欠損には適さず、ブリッジ冠を支えるために必要な歯を修復材料の厚さ分だけ削らねばなりません。また、歯の衛生状態が不良な方は、かぶせの境目から2次的に虫歯となってしまい、再度、ブリッジ冠を作り直す必要が出てきます。特に、保険適用の材料では、精度的に劣るため、その傾向が高くなるようです。当院では、精度も高く、審美性にも優れているセラミック冠(保険適用外)をご用意しております。

次に取り外しの義歯(入れ歯)ですが、この方法の最大の利点は、先ほどのブリッジ冠と違い歯を削る量が全く、またはほとんど無いという事です。また、後述するインプラントと違い、骨の中に維持する装置を求めなくてよく、炎症を骨内に拡げません。また、歯の欠損数に関係無く、自由に設計しやすく、応用範囲が広い点が挙げられます。もちろん、保険適用です。外科的な手術や歯を削る必要が無いので、お年寄りや全身状態が良好でない方にも安心して施術できます。ただ、皆さんもイメージしていらっしゃるでしょうが、違和感や咀嚼力という点では、他の方法よりはるかに劣ります。歯茎に痛みが出やすく、何度か調整にお越し願わねばならない事も有ります。ただ、これら問題に関しては、当院でお薦めしております『コンフォートデンチャー(義歯)~保険適用外~』ですと随分と解決できます。

最後に(おそらく皆さんが一番知りたいであろう)インプラントについてですが、利点と欠点を以下に箇条書きしてみます。

≪インプラントの利点≫

*ブリッジの様に健康な歯を削る必要が無い。

*義歯(入れ歯)よりも咀嚼能力(噛み砕く力)が優れている。

*装着の違和感が無い。

*見た目が自然。

*インプラント体を支える顎の骨がやせるのを防げる。

≪インプラントの欠点≫

*手術が必要。持病が有る方や妊婦は避けたい。

*インプラント治療による感染症のリスクが有り、進行すると

インプラントを除去する為の再手術の必要性が出てくる。

*一般的に治療期間が長い。

*定期的な検診、メンテナンスとクリーニングは、絶対条件。

(当院では、他の方法でも必要と考えています。)

*健康保険適応外で他の方法の保険外治療よりも高額になる易い。

如何ですか?不幸にして、歯という臓器が失われた場合の咀嚼能力の回復方法をご紹介致しました。

当院では、上記の利点欠点を考慮し、インプラントは行っておりません。申し訳ございません。その分、コンフォートデンチャー(入れ歯の内面が柔らかい入れ歯。当院のホームページをご参照下さい。)に力を入れており、患者様方から好評を戴いております。

歯を失くされて、悩んでおられる方々にご参考になればと思います。