ブログ(その6)-『大切な6歳臼歯』

こんにちは。大阪市生野区の歯医者、有田歯科医院の院長、有田充男です。

今回は、お子様に初めて生えてくる大人の歯、第一大臼歯について。第一大臼歯は、6歳頃に生えてくる事から、《6歳臼歯》とも呼ばれています。この歯の基が造られるのは、赤ちゃんがお母さんのお腹にいる頃で、歯の形が造られ始めるのは、何と出生時なんです。

6歳臼歯は、歯が生え始めてから噛み合うまでの期間が他の永久歯より長く、歯が生え始めても、歯ぐきの一部が覆い被さっている時間が長い事。また、咀嚼による自浄作用が働きにくく、一番奥にあるので歯磨きも不十分になり易い事。それらの為、他の永久歯に比べて著しく虫歯になり易い特徴が有るんです。歯が生え始めてから2~3年間(小学校低学年の頃)が最も虫歯になり易い時期です。その頃まで、《お母さんによる仕上げ磨き》をしてあげて下さいね。 また、6歳臼歯は《噛み合わせの要》とも言われ、成長するにつれ、歯並びや噛み合わせの要所となります。 是非とも、6歳臼歯(第一大臼歯)を虫歯から守りましょう。