自費診療と保険診療の違い

Difference between self-checked medical treatment and insurance medical treatment

自由診療と保険診療のメリット・デメリット

自由診療は処置法に制限がなく、最新技術を駆使した治療を受けることができます。

健康面・審美面・耐久性全てにおいて、保険診療より優れています。

当院ではカウンセリングを実施し、
「保険診療」もしくは「自費診療」を受けるかどうかをご選択いただいております。

保険診療と自費診療の補綴物の違いについて

About the difference between the insurance medical examination and the prosthetic appliance of the self-financed examination

《国民皆保険制度》

皆さんご存知の通り、日本では、国民健康保険制度が発達しており、基本的には、国民全員がこの保険に加入しています。
この国民健康皆保険制度が完成したのは、1958年(昭和33年)で、私が生まれた年なのです。

この保険制度があるおかげで、国民は一様に少ない負担で安心して治療を受ける事ができ、お蔭で日本の平均寿命は、世界一を守り続けています。
本当に、有り難い制度ですよね。

《自費と保険の補綴物の違い》

翻って、『歯科』です。皆さんも、歯の治療をされた経験がお有りだと思います。痛みの有る歯の処置をしてもらった事が有る方も多いでしょう?

その後、検査をしたり、歯石を掃除したり・・・。で、かぶせものや入れ歯を作る段階で、おもむろに先生や受付の女性から、「保険の銀歯にしますか?セラミックの白い歯にしますか?」って、尋ねられた事が有りませんか?

その時に、「えっ!何故、保険じゃダメなの?」と、疑問に思われた事はないでしょうか?
内科でも外科でも、保険で全部やってくれるのに、「何故、歯科は、保険がきかない治療が有るの?」と、疑問に思われた方も多いと思います。

そして、保険のかぶせ物との値段の違いに驚き、保険外の治療を勧める歯科医は《金儲け主義》というレッテルを貼ってしまわれる方もいらっしゃるのかもしれません。
しかし、私は、そういう誤解は、『保険診療と自費診療の補綴物(かぶせや入れ歯等)の違い』をよく理解して戴かなかった事に原因が有ると思っています。

私達歯科医師がなすべき事のうち、治療方針を立てるという事は、最も重要な仕事だという事は、どなたにも容易にご理解戴けると思います。

そして、その治療法を選択する際に、その患者様に最も適した材料を使い、最も理想的な治療計画を立てる事は、私どもの責務だと思っています。
考えて見れば、当然だと感じて戴けると思うのですが・・・。

だって、人間の大切な身体の一部である『歯』の健康を守っていく為の人工のかぶせや入れ歯に、《この程度でよい》の考え方が入る余地が有るのでしょうか?

昭和30年代に考え出された、国が国民のために用意できる最低限の治療をそのまま提供する事に、歯科医師としては、ためらいを禁じえません。

その事を少しでもご理解頂きたくて、この『保険診療と自費診療の補綴物違い』を当院のHPに載せる事と致しました。

もちろん、皆様にとっても、多額の治療費をお支払いになるのは、大変な事と承知しております。
でも、先ずは、本当のところを知って戴いて、その上で、よくご検討下さい。
《あなた》がどの様な方法を選択されても、その条件下で、私どもは全力を尽くします。

①精度の違い

人工の物が入るのですから、かぶせる歯とかぶせ物との間には、《境界》が生じます。
むし歯や歯周病を引き起こすお口の中の細菌は、50ミクロン以下の大きさです。
それに対して、保険で決められた材料で作製したかぶせ物の誤差は、どう頑張っても100ミクロンほどになってしまいます。
細菌が素通りできる隙間なんですね。私共は、その境界の幅を10ミクロン以下にする事を目標にしています。
そのためには、精度の高さを求める事のできるセラミック冠やGold冠での修復が必要なのです。

②硬さの違い

保険の銀歯は、歯自体や接着剤よりも硬く、接着剤を壊してしまう可能性が有り、更に①で述べた通り精度的にも細菌も侵入し易いので、再度むし歯になる可能性が高くなります。
また、歯自体より硬いという事は、その歯と噛み合う歯に過剰な力がかかり、それが原因で、歯周病を悪化させる一因にもなり得ます。
この点に関しては、Gold冠が、最も優れています。

③見た目の美しさ

最近は、保険のかぶせでも、前歯や糸切り歯の後ろの小臼歯に限って、特殊な白いかぶせを作製できるようになりました。
ただ、使える歯の色(歯は白色と言っても、真っ白ではありません。茶色掛かっていたり、灰色が混ざっていたり、個人差が大きいのです。)が、数種類しか選べず、お隣の歯が、ご自身の自然な歯の場合、その差が目立ってしまいます。
その奥の大臼歯に関しては、今までと同じ、銀歯しか認められていません。
でも、通常笑った時は、奥歯まで見えてしまいますので、笑顔に自信が持てなくなってしまいますよね。

④変色や耐久性の違い

保険の白いかぶせ物は、レジンとよばれる樹脂性の物(プラスティックのような物)で出来ており、顕微鏡で見ると表面に凹凸が有り、また硬さも不足しています。
そのために、変色し易く、汚れも付き易く、かけやすいのです。その点に関しては、セラミック冠が、最も優れており、表面が滑沢で、変色しません。

例えますと、瀬戸物のお茶碗(セラミック冠)とお子さん用のプラスティックのお茶碗(保険のレジンのかぶせ)を長年使用していると、プラスティックのお茶碗は、黄ばんできますよね。
個人差は有りますが、保険のかぶせものの変色は、お茶碗より、ずっと早いと思います。

toggle navigation
診療時間 日祝
午前 09:00 - 12:30 休診
午後 14:00 - 19:00